Q&A

「意匠登録」ってなんですか?「商標登録」とは何が違いますか?

意匠登録とは、製品や商品のデザインを模倣から守るために権利として登録するものです。

これにより、登録された意匠(デザイン)は、意匠権者が他人を排して独占的に実施することができ、他人が勝手にそのデザインを採用することができなくなります。

デザインは、消費者が商品を選択する際に価格や機能とともに極めて重要な役割を果たしています。特に女性は、商品を選択する際、男性に比べて機能よりデザインを重視する傾向にあります。したがって、デザインを登録しておくことは、自分の意匠の独創性を守って他人の意匠と区別する上で極めて重要です。

一方、商標登録とは、製品・商品・サービス・屋号・店名などを表す名称やマークを権利として登録するもので、意匠とは全くことなるものです。

よくあるご質問TOPへ戻る

ここに掲載以外のご質問についてもお気軽にお問い合わせ下さい。
お問合せ/無料相談はこちら